『ぐんぐんぐん』は、「岡山子どもの本の会」の会報誌と情報サイトのタイトルです
会へのお誘い 催しのご案内 入会案内 活動記録 会報誌 ブックスタート
本棚の宝物 最近の
例会の内容
この10年を
ふりかえって
選書セミナー 「選書セミナー」in赤磐 推薦絵本リスト
お知らせ
 (2018年1月15日更新)
◆このサイトに掲載されている文書および画像の無断転載を禁じます。

岡山子どもの本の会

「岡山子どもの本の会」(代表:脇 明子)は、絵本や児童文学が大好きな方、子どもに本好きになってほしい方、子どもにどんな本をすすめたらいいのかわからない方、そんな方たちのための会です。会では年に数回ずつ講演会、例会を開催し、会報誌『ぐんぐんぐん』には、かなり詳しい報告を載せています。この情報サイトには、山陽新聞に連載した『本棚の宝物』のページもありますので、内容をご覧になれます。

「岡山子どもの本の会」例会の内容変更のお知らせ
 明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 新年早々、悲しいお知らせですが、『ハイジ』『バンビ』『ジム・ボタンの機関車大旅行』などの翻訳でみなさまもよくご存じの、ドイツ語圏の児童文学の翻訳者、上田真而子さんが、昨年12月17日に亡くなられました。上田さんは、「岡山子どもの本の会」を、発足当初から熱心に応援してくださり、講演にも2回いらしてくださっています。
 そこで、1月20日(土)に開催予定の例会では、当初予定していた昔話についての発表を半分に減らし、半分の時間を使って、上田真而子さんのお仕事を振り返ったり、写真等もお目にかけながら、その温かいお人柄を物語るエピソードをご紹介したりすることにいたしました。どうぞお出かけくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 なお、会場は、中央棟3階630NDとご案内しておりましたが、4階640NDに変更になりました。


★例会のご案内 (2018/1/12)
子どもたちに昔話を
日時:2018年1月20日(土) 午後2時〜4時
会場:ノートルダム清心女子大学 中央棟4F640ND


★講演会のご案内
(2018/1/15)
赤羽末吉の人生と絵本
日時:2018年3月17日(土) 午後2時〜4時
会場:ノートルダム清心女子大学 (教室未定)


『ぐんぐんぐん』第97号が発行されました (2017/11/20)
内容は、2017年7月8日の講演会 『河童のユウタの冒険』を読む です。


『岡山子どもの本の会推薦絵本リスト第3版』が発行されました。 (2014/11/15)
この推薦絵本リスト第3版は、会報第81号と一緒に会員方にお送りしました。在庫に余裕がある間は、新しく会員になられた方にもお送りします。

この10年をふりかえって (脇 明子) 
(2009/7/29)

『岡山子どもの本の会推薦絵本リスト』
(2008/10/25)

岡山子どもの本の会七周年記念特別企画
 
河合隼雄さん、工藤直子さん、斎藤惇夫さんによるシンポジウムとコンサート
 の写真をご覧になれます
(2005/9/29)

「子どもとメディア」の問題に対する提言

 日本小児科医会から、メディアとの長時間の接触が子どもの心身に悪影響を及ぼしていることについての提言が出されました。 (2004.2.22

ご感想をお聞かせください。 メールをくださった方には、講演会の案内をお送りします。

  連絡先:gungungun@mbf.nifty.com