挿絵画家アーディゾーニを語る(仮題)
講師:阿部公子さん
日時:2017年3月4日(土) 14:00〜16:00
会場:ノートルダム清心女子大学 中央棟3F630ND
     岡山市伊福町2−16−9 (TEL:086−252−1155)
     (大学構内には駐車場がありません。必ず、近隣の駐車場をご利用ください。)

         地図

 『チムとゆうかんなせんちょうさん』のシリーズや『時計つくりのジョニー』の作者であるアーディゾーニは、並外れた挿絵画家でもあって、ファージョンの『ムギと王さま』、デイ=ルイスの『オタバリの少年探偵たち』、ピアスの『ハヤ号セイ川をいく』などに、数々のすばらしい挿絵を描いています。ほとんどが白黒で、登場人物たちはしばしばうしろ姿。顔がていねいに描かれていることなどめったにないのに、その心のなかの不安、期待、喜び、落胆、安堵などが、手に取るように読み取れるのが、アーディゾーニの挿絵の不思議な力。『時計つくりのジョニー』や、ファージョンの『マローンおばさん』の翻訳者であり、昨年、『エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝』(こぐま社)を訳された阿部公子さんに、アーディゾーニの人となりや、その挿絵の魅力について、たっぷり語っていただく予定です。
 阿部さんは、東京子ども図書館のスタッフでもあり、図書館の活動についても、あわせてご紹介くださるとのことです。お楽しみに。


参加費:一般1000円、大学生500円、高校生以下は無料
     岡山子どもの本の会会員と学生会員は無料 準会員は500円
     当日、入会することもできます(年会費3000円、学生会員1500円、準会員2000円)
主 催:岡山子どもの本の会(代表 脇 明子)
問い合わせ先:TEL 086−281−6612
(吉備こどものとも社)

講演会、例会案内バックナンバー


講演会のお知らせ
HOME